荒れ相場では最高の実力を発揮する

h8u7 取引終了時間までに、予想したレートに一度でもタッチすれば、満額のリターンが返ってくるタッチオプション。FX初心者、バイナリーオプション 初心者の方も、まずタッチオプションについて学んでおきましょう。ラダーオプションよりも簡単そうに見えるかもしれないが、本来の実力を発揮するのは、荒れた相場の時。動きが読めず負け続けることもあるが、一発大逆転することもある。

ローコスト・ハイリターンが可能

前に記したようにラダーオプションは、対象の通貨ペアの値段を高いか低いかを予想する取引。

ひとつの通貨ペアに対し、はしご状に基準となる値段が設定されていますが、それに対して『ワンタッチ(One Touch Option」は、ラダーオプションとほぼ同じ仕組みでありながら、対象の通貨ペアの値段が、取引終了時までにある値段にいちどでも達せるか(One Touch)か達せないか予測する取引になっています、

たったの一度でも達すれば満額になる!そう聞けば簡単そうかもしれませんが、実は大きなリスクがある取引でもあります。その反面では、ハイリターンを得られる期待があるオプションでもあるのです。

例えば、タッチオプションで取引する場合、普段はあまり動きのない通貨でも、経済指標や雇用統計の発表があるときには大きな値段の変動があります。特に普段から不安定であるユーロドルなどでは、わずか10分で200~300pipsも動くことがあるのです。

可能性が低くても、大きな変動の要因があるときは、ユーロドルなどに100pips離れたワンタッチオプションのチケットを購入しておけば、タッチする可能性が高く、リターン率は数倍から数十倍にもなるのです!

勝率は低くても、ハイリターンのタッチオプションなら一回の勝ちでトータルが勝ちになるのが魅力です。何が起こるかわからない、乱高下のときこそ大きなチャンスがある。それがワンタッチオプションなのです!ワンタッチオプションや、ラダーオプションといった、様々な取引スタイルについて細かく説明してくれる業者が24オプションとハイローオーストラリアだと思います。両業者バイナリーオプション専門です。初心者の方は是非要チェックです!

株式取引

株式取引の経験者は日経225先物取引とFXのどちらの取引が相性がいいのでしょうか。

私は前者は株式取引と同様にうねり取りの取引方法が使えるので、株式取引をやったことのある人には相性が良いかもしれません。

しかし、後者は株式取引と違い一度トレンドが出現するとそのトレンドが続く傾向があるため、株式取引を専門にやっている人はなかなかFXではうまくいかないようです。

同じ金融取引でも、日経225先物取引とFXでは様子がだいぶ違うようです。